男女

家族受託では財産の経理や財産管理を行ってもらうことができます

男女

経理のプロを雇う

派遣の検索サイトでは、即戦力になる経理のプロを雇うことが出来ます。また、会社に合わせた出勤日数で人材を雇うことが出来るので、コスト削減にも繋がります。会社が必要とする人材の場合には、採用試験の後に正社員として派遣社員を雇うことも出来ます。

財産管理してますか

男の人

大切な家族のために

皆さんは「家族信託」とはどういったものかご存知でしょうか。これは財産管理に関わる用語です。一般的によく知られているのは「成年後見制度」と呼ばれる財産管理ですが、これには負担や制約が多いというデメリットがありました。そこでこの制度に代わるのが家族信託です。家族信託を利用される方の目的は大きく分けて二つあります。一つ目は遺言ではない形で財産を受け継いでいきたいと考えている場合です。遺言書を利用して財産継承をする場合、その作成方法に多くの制約があるため面倒がられる傾向があります。しかし家族信託であれば、財産の委託者と受託者の直接的な契約をするため制約を少なく済ませることが可能です。そして二つ目の目的は、自身や家族の判断能力の低下に備えられることです。家族信託をあらかじめ済ませておけば、自身や家族の判断能力が低下した場合にも財産継承に関わることに迅速に対応することができます。

メリットだらけの財産管理

従来の「成年後見制度」に代わる財産管理として「家族信託」の普及が進められています。それにはやはり、多くのメリットがあることが関係しています。まず、受託者が健康であるうちから財産管理や経理を始められることです。成年後見制度を利用する場合、受託者の判断能力が低下してからでなければ財産管理や経理はできませんでした。この課題を解消したことが家族信託の大きなメリットです。また家族信託には「倒産隔離機能」と呼ばれるものがあり、委託者や受託者が多額の負債を負った場合でも信託財産に関わりのない部分であれば、その信託財産を差し押さえられることはありません。これには将来、家族に万が一のことがあっても財産管理や経理を継続できるというメリットがあります。

背広の人

借金を引き継ぎたくない

大阪に住んでいた人が多額の借金を抱えたままで亡くなった場合、死後3ヶ月以内に大阪家庭裁判所に相続放棄申述書を提出することによって、借金を相続せずに済ませられます。手続きに自信がない人は、司法書士に頼むとよいです。

ウーマン

いつかはお世話になるかも

登記や相続でお世話になる司法書士ですが、最近では自己破産や債務整理などのお金に関する依頼も増えているようです。東京では人口に比例するようにたくさんの司法書士がいますが、やはりそれぞれに特異分野もあるので、実績などを見て選ぶと良いでしょう。

Copyright © 2017 家族受託では財産の経理や財産管理を行ってもらうことができます All Rights Reserved.