女性

家族受託では財産の経理や財産管理を行ってもらうことができます

いつかはお世話になるかも

ウーマン

登記からお金の問題まで

土地の登記のときなどにお世話になることもある司法書士ですが、業務はじつに幅広くなっています。たとえば登記一つ取っても、役員変更や増資などの商業登記、抵当権設定や所有権移転などの不動産登記など、あらゆることを手がけています。また、それに付随した住宅ローンの借り換えなど、司法書士に任せておけばすべてが事足りると言っても過言ではありません。最近では債務整理や自己破産などお金に関する相談が増えているそうです。東京などの大都市では舞い込んでくる依頼も多く、司法書士の数が足りないとまで言われています。ですから突然の依頼では対応しにくい場合もありますので、普段から懇意にする司法書士を作っておいたほうが良いかもしれません。

どうやってアクセスするか

相続に関する相談は司法書士がもっとも適しているかもしれません。遺言書作成や遺産分割協議書作成もしてくれますし、不動産相続時にはそのまま登記の手続きもしてくれます。家事裁判の訴訟業務も手がけているので安心です。また、法人設立についても司法書士は活躍してくれます。法に則って確実に早く、依頼を達成してくれます。電子認証をおこなっているところでは、印紙代も節約できるメリットもあります。東京には数多くの司法書士がいますが、やはり得意分野というものは存在します。期待に沿った仕事をしてくれる司法書士を探すには、東京の司法書士会や各事務所のホームページを参考にするのも良いでしょう。もちろん東京以外の案件についても請け負ってくれます。

Copyright © 2017 家族受託では財産の経理や財産管理を行ってもらうことができます All Rights Reserved.