女性

家族受託では財産の経理や財産管理を行ってもらうことができます

借金を引き継ぎたくない

背広の人

司法書士に相談する

相続と聞くと、亡くなった人が持っていた家や預貯金をもらうシーンを思い浮かべる人が多いですが、相続されるのはプラスの財産だけではありません。亡くなった人が負っていた債務も全て引き継ぐことになります。債務というのは、わかりやすく言うと、借金や連帯保証人の責任などです。プラスの財産がたくさんあって、債務分を差し引いてもまだ多額の財産が手元に残る状態になっていればよいですが、そうではないケースが少なくありません。というよりも、借金しか残されていないケースがよくあります。何もしないでいるとその借金を全て背負い込むハメになってしまうため、注意が必要です。そんな時は、すぐに司法書士に相談してみるのが一番です。大阪には相続相談サービスを提供している司法書士がたくさんいますので、大阪在住の人であれば、割りと簡単に司法書士のサポートを受けることができます。司法書士に相続放棄の手続きを取ってもらえば、借金を引き継がずに済ませることができます。

放棄の仕組み

相続放棄の手続きは、亡くなった人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所で取る必要があります。亡くなった人が大阪府内に住んでいた場合は、大阪家庭裁判所に相続放棄申述書を提出することになります。相続人自身が大阪府内に住んでいたとしても、亡くなった人が他の都道府県に住んでいた場合は、大阪家庭裁判所で手続きを取ることはできません。故人の最後の住所地がかなり遠方だった場合、直接現地の家庭裁判所に出向くのは負担が大きすぎますが、申述書を郵送することも可能です。それほど難しい手続きではないのですが、この種の書類を作成した経験がない人には難しく感じられてしまいます。また、故人の死を知ってから3ヶ月以内に手続きを取る必要があるため、プレッシャーを感じる人も多いです。でも、司法書士に頼めば、申述書の作成も提出も全て代わりにやってもらうことができます。もちろん、提出期限も必ず守ってくれます。

Copyright © 2017 家族受託では財産の経理や財産管理を行ってもらうことができます All Rights Reserved.